Wii 3DS PS3 PSP の攻略サイトやデジモノ、家電製品記事の紹介

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


侍道2 ポータブル攻略サイト紹介
侍道2 ポータブル
侍道2 ポータブル

[侍道2 ポータブル 攻略サイト紹介]の続きを読む このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

関連タグ : 攻略サイト,




1 名前:名前は開発中のものです[sage]:2009/08/21(金) 13:25:00 ID:B0jOFy43
 

何回否定されても救世主信仰のように囁かれつづける「PS2後方互換 (復活)」の話題。
当初「PS2との完全な互換性」を掲げていたプレイステーション3は実質的にPS2の
ハードウェアを内蔵していた初期型、一部チップが省略され半ソフトウェア互換になった
80GB 欧州版を経て、約2年前に導入された簡易版あるいは現行型からは
PS2互換性をきれいさっぱり切り捨てています。それでも将来的には完全な
ソフトウェアエミュレーションでPS2タイトルが遊べるようになるのでは、
なってほしいという期待に対して、SCEAのハードウェアマーケティング担当者
John Koller氏が Ars Technicaに答えたのは:

後方互換について騒ぐのはもうやめるべきですか?

Koller :「(PS2互換は) もう復活しない。ここではっきりさせてほしい」
「(PS2互換は) いわれているほど購入理由として大きなものではない。
PS3には相当のラインナップが揃ってきたし、ほとんどの人は
PS3ゲームのためにPS3を買っている。PS3ゲームとBlu-ray映画のために。」
「 互換性は今後も戻ってこない」。

というわけで、高品位なアップスケール付きPS2互換機能をPS3に望むユーザーには
残念な報せになりました。とはいえ広報担当者にしてはめずらしく「今後も」復活しないと
くり返し断定していても、未来は決まっていないという意味でメーカーの意図と方針に反して
状況が変化することもまあないとはいえません。かつてのニコイチ方式なり
黒魔術的なソフトウェアエンジニアリングなりでなんらかのPS2互換を復活させ、
たとえば専用に書き換えたものだけをPSNでDL販売するような戦略をあえて
ひた隠しにしているのだ、と主張することはこれからも可能です。


ソース
http://japanese.engadget.com/2009/08/20/ps3-ps2/



どうも ゲーム総合紹介所管理人です。
当サイトでは長らく攻略サイトや改造コード、ニュースなどを紹介してきましたが、
本日をもちましてサイトのコンテンツを大きく変更することにしました。

現在では当サイトで攻略サイトと改造コードの紹介をしていますが
今後は上記2つに加えて大手掲示板サイト2ちゃんねるの記事を扱うことにしました。
上記二つだけでは更新頻度が非常に少なくなるのを前々から思っており、
何か新しいコンテンツを増やしたいと思ったのがきっかけです。
以前紹介していたニュースを復活させるということも考えましたが、
Ayapon RSS!がニュース代わりとして機能しているので
ニュースの復活は今回は見送ることにしました。

さて2ちゃんねるの記事に関してですが皆さんも
よく知っておられるコピペブログというやつです。
主にゲーム関連のスレッドを中心に取り上げていくつもりです。
またアニメなどのサブカルも取り上げていくかもしれません。

なお、攻略サイト、改造コードの紹介に関しては今まで通り紹介を続けていきます。
おもに水曜日or木曜日更新になると思います。

2ちゃんねるの記事に関しては極力毎日更新を心掛けたいと思いますが、
忙しい日もあるため申し訳ありませんが2、3日に1回になってしまうかもしれません。

コピペブログに関して最初のうちはレイアウトが崩れたり見づらいかもしれませんが
徐々に調整していきますので宜しくお願いします。
まだ慣れてないので・・・

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。