エンディングにありがちなパターン

ここでは、「エンディングにありがちなパターン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くRPGをプレイしてくるとだんだんエンディングが
パターン化してきます。今回はそのエンディングのパターン
を紹介していきたいと思います。

tama_04.gifパターンその1 最終ボスを倒して主人公も仲間も
        みんなHAPPY!!


おそらくこのパターンが一番多いと思います。やはり全員が
ハッピーになり世界も平和になるので後味は最高です。
このタイプで人を感動させるには、仲間を途中で死なせたり
せずストーリーや音楽のみで勝負をしなくてはならず、常に
先の読めない展開を作らないと途中であきます。

逆にこのタイプで感動できるゲームを作れると伝説のゲームに
なることができるでしょう。おもなげーむとしては、
マザー2」、「ゼノギアス」、「キングダムハーツ
などがあります。


tama_04.gifパターンその2 ストーリーの途中やエンディングで
          仲間が死んでしまう。

このパターンも少なくないです。ストーリーの途中や
エンディングで仲間の内、1人か、もしくは2人くらいが
死んでしまいます。映画もそうですが人間は人が死んだり
すると情が移り涙が出たりします。

しかし仲間を死なせると感動のRPGにもなりますが、
そのキャラクターをメインで使って、いきなり次のシーンで
心臓発作が起こったかのようにバッタリとすると「えー」
みたいにがっかりします。主なゲームは「FF7」のエアリス
や「アークザラッド2」のアークなどがあります。
感動のRPGにもなりますが、無駄に仲間を死なせている
残念なゲームもあります。


tama_04.gifパターンその3 主人公も含めて仲間の全員もしくは
        そのほとんどが死亡

こういうのはほとんど見ないのですが、「FF タクティクス
やPC「MAFIA」などがありました。特にMAFIAは
先が読みづらく驚きのエンディングを迎えます。
数が少ないため、エンディングに新鮮さがありますが、
自分が操作してきた主人公や仲間がほとんど死んでしまうので
辛いものがあります。

おもに3つのパターンに分けてみましたが、他にもいくつか
あると思います。やはりパターン1で感動させるゲームを
作るには相当難しいと思います。 


記事 (ここがヘンだよサザエさん!!)

  banner_01.gif 88x15a.gif



このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
/*トラックバック非表示
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marble1.blog18.fc2.com/tb.php/16-9798745c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。